二人目不妊 諦め

二人目不妊の諦めどきは?まだ諦めるのは早すぎる?

二人目不妊で悩んでいる人は、大勢いると言われています。

 

一人目は結婚後わりと早くに自然に妊娠したので、
二人目もすんなり出来ると思っていた、という人が多いです。

 

近年進む、晩婚化や初産年齢の高齢化によって、
一人目はおろか二人目を妊娠出産するときには30代後半という人も少なくありません。

 

極端な話、男性は60代でも子どもを作ることは可能です。
しかし女性にはタイムリミットがあります。

 

40歳を過ぎるとホルモンの分泌量や子宮の機能はどんどん衰え、
閉経に向かって動き出すからです。

 

閉経前には生殖機能はほとんどなくなっていますから、
もちろん個人差はありますが、45歳あたりが妊娠するには
最後のチャンスと捉えておく必要ががあるかもしれません。

 

実際に二人目不妊で『妊活』を頑張っている人も、
40歳を目処にあきらめる人が多いようです。

 

自然妊娠を望むのならまた別ですが、
不妊治療に通っているとしたらそれなりの費用がかかります。

 

不妊かどうかを調べるための三大検査で約2万6千円、
周期ごとの超音波検査が5千円前後、

 

体外授精や顕微鏡授精は1回ごとに35万円程度の費用が必要になります。

 

健康保険がきかない検査や治療も多いため、
自己負担額は毎月それなりの金額になることでしょう。

 

二人目不妊で通われている方には、もちろん一人目のお子さんがいるわけですから、
経済的負担はかなりのものになると思います。

 

二人目不妊をあきらめる人の中には、
このような経済的負担が理由になっていることも多いようです。

 

しかし、諦めるのはまだ早いですよ!

 

次のページでは、二人目不妊を克服した人から評判の良い
不妊対策サプリメントをご紹介します!

 

二人目不妊を諦める前に!克服できたと口コミで評判のサプリメントランキング