二人目不妊 高齢

高齢だと二人目不妊になりやすいって本当?

二人目不妊と高齢には、密接な関係があります。
なぜなら、子宮も卵子も精子も年齢とともにその働きや機能が衰えていくからです。

 

特に女性の場合は50歳前後で閉経を迎えます。

 

閉経後妊娠することは100%不可能なことは、言うまでもありませんね。

 

閉経前から子宮の機能や女性ホルモンの分泌量は低下していくため、
年齢を重ねるごとに妊娠しづらくなることは事実です。

 

それにくわえ、近年は晩婚化が進んでいます。

 

初婚年齢が男女ともに30歳を越えてきていますので、
二人目の妊娠を望む頃には30代後半〜40歳くらいになっていることも珍しくはありません。

 

最初にお話ししたとおり、
年齢を重ねるごとに妊娠する確率が少なくなっていくことは、変えようのない事実です。

 

もちろん個人差はありますが、だいたい35歳を過ぎると女性ホルモンの分泌量が減り始め、
38歳以降になると子宮の機能も衰え始めてくるそうです。

 

だからといって、40歳だから妊娠出来ないと決まったわけではありません。
確かに20代の人と比べたら『高齢』になりますし、妊娠しにくいとは思います。

 

しかし、『妊娠出来ない』わけではありません。
実際、40代で妊娠している人はたくさんいます。

 

タイムリミットはありますが、妊娠は『タイミング』だと思うのです。
タイムリミットを気にするあまり、ストレスにならないように気を付けましょう。

 

不妊だとあまり意識しすぎないのも大切です。

 

冷えを改善したり規則正しい生活をするなど、
『妊娠しやすい体づくり』も忘れないようにしましょう。

 

妊娠は夫婦二人でするものです。

 

男性は女性よりも精神的に弱い部分がありますから、
「今日は排卵日だよ」などとプレッシャーをかけすぎないようにしましょうね。

 

次のページでは、二人目不妊を克服した人から評判の良い
不妊対策サプリメントをご紹介します!

 

二人目不妊を諦める前に!克服できたと口コミで評判のサプリメントランキング