二人目不妊 卵管造影

二人目不妊治療「卵管造影」について

不妊治療の検査のひとつに『卵管造影』があります。
卵管造影とは、卵管の状態を確認するための検査です。

 

実は不妊の原因が女性にある場合、卵管に異常がある場合が多いのです。

 

だいたい女性の不妊の三分の一から二分の一ほどの原因が
『卵管』にあると言われています。

 

卵管に詰まりがないか、癒着がないかなどを調べます。

 

一人目を妊娠・出産しているのだから
卵管が詰まっているわけないでしょ、と思う人もいると思います。

 

そう思うのはごもっともなのですが、残念ながらそうとも限らないのが現状です。
年齢とともに卵管も衰えてくるのです。

 

一人目を妊娠したときよりも、確実に二人目のときのほうが歳をとっていますよね。
子宮や卵管が一人目と同じ状態だとは限らない、ということです。

 

卵管造影検査とは、月経終了後から排卵日までの間に行います。
妊娠している可能性のあるときには出来ません。

 

子宮にチューブをいれて、油性の『造影剤』を注入します。
エックス線で造影剤が広がるのを確認し、造影剤が残らないかを透視で確認するという方法です。

 

卵管造影はかなりの痛みを伴う検査であるため、
二人目不妊の場合はやらないという選択も出来ます。

 

病院によっては必須項目のところもあるようですが、たいていは強制ではないようです。
ただ、卵管造影検査をすると卵管の通りがよくなるため、『妊娠しやすくなる』と言われています。

 

検査後三ヶ月〜六ヶ月は最も妊娠がしやすく、『ゴールデン期間』とも言われているんですよ。

 

次のページでは、二人目不妊を克服した人から評判の良い
不妊対策サプリメントをご紹介します!

 

二人目不妊を諦める前に!克服できたと口コミで評判のサプリメントランキング