二人目不妊とは

二人目不妊の定義とは?

一人目の子どもを出産後、
なかなか二人目を授かれないという人が増えています。

 

一人目はわりかし早く妊娠出来たため、
二人目もすんなり妊娠出来ると思っている人が多いです。

 

しかし、実際にはなかなか妊娠出来ずに悩んでいる人は年々増加傾向にあります。

 

一人目を予定通りに妊娠出来たため、二人目が欲しいと思ったときに思い通りに妊娠出来ないと、
『もしかして不妊…?』と思ってしまう人もいます。

 

思い通りに妊娠出来ない=不妊、ではありません。

 

二人目が欲しいタイミングで妊娠出来ないからと言って、
必ずしも『二人目不妊』ではないのです。

 

では、どのような場合を『二人目不妊』と言うのでしょうか。

 

具体的には、授乳が終わって避妊をやめてから
2年間妊娠しなかった場合を『二人目不妊』と呼んでいます。

 

授乳中は子宮に負担がかかりますし、ホルモンの影響で妊娠しにくくなっています。

 

そのため、どうしても年子でほしいなという人は
始めから母乳ではなくミルクにしたり、途中で断乳したりする人もいるそうです。

 

授乳が終わってから2年なので、
だいたい一人目の子どもを出産してから3年間ということになるでしょうか。

 

避妊をやめてから2年以上経つと『二人目不妊』と言いますが、
2年以上経たなければ不妊治療などの相談に行けないわけではありません。

 

特に最近は晩婚化が進み、初婚年齢や初産年齢もどんどん高齢化しています。

 

初産の年齢は30代前半から半ばくらいの人が増えています。
そのため、二人目を望む頃には必然的に30代後半になりますよね。

 

年齢を重ねるごとに、妊娠する確率はどんどん低くなっていきます。
特に30代後半で一人目を産んだという人は、二人目を妊娠できるタイムリミットはすぐそこです。

 

ひどい言い方かもしれませんが、タイムリミットは必ずやってくるのです。

 

ですから、年齢的に残された時間が少ない人は、
2年を待たずにクリニックに相談へ行くという選択肢もあります。

 

また、あわせて不妊対策用のサプリメントを飲んでおくことをおすすめします。

 

次のページでは、二人目不妊を克服した人から評判の良い
不妊対策サプリメントをご紹介します!

 

二人目不妊を諦める前に!克服できたと口コミで評判のサプリメントランキング